彼氏と別れて自分が悪い責めてない?復縁の近道教えます

MENU

自棄になっても復縁できない

ずっと続くと思っていた恋の終焉。
それはとてもつらく悲しいことです。
どう受け止めていいか分からない気持ちから、自棄になることもあるでしょう。

 

でも、それをずっと引きずっていてはいけません。

自暴自棄からおこってしまう悲劇

復縁の失敗談として多いのが、自暴自棄な行動で取り返しのつかない事態に陥るということ。

・自棄食いをして引きこもっていたら、体重が急激に増えて幻滅された。
・鬱々とした気分のまま生活していたら、数歳老けて見られるようになった。
・自棄になって飲み屋通いしていたら貯金が底をついた。
・好きでもない人とHしていたら元恋人に誤解され復縁が遠のいた。
など。

別れのショックが大きければ大きいほど、人は普段とは違う行動に走りがちです。
それは気持ちを切り替えるためと考えれば、一時的には効果的な方法でしょう。

でも、そこに依存してしまうのは駄目です。
いつまでも別れたときの悲しい気持ちを引きずっていても復縁は望めません。
また、無理に忘れようとしても、心の片隅には常に相手の存在がいて、本当に生き生きとした毎日は送れないでしょう
新しい恋人と過ごしていても、どこかで元恋人のことを考えてしまう。
結果的に、新しい恋もうまくいかない…ということも。

気晴らしを見つけてみよう

復縁を目指すなら、一度頭を冷やしてみてください。
つらい気持ちに負けないことです。

自棄になって行動する前に、気を紛らわせるための「何か」を見つけましょう
趣味、仕事、友人との時間……。
依存しすぎず、自分らしさを見つけられるものが理想です。

一方的にフラれた彼と復縁する為に自分磨きをする方法>>

実際復縁に成功した人の中には、趣味や仕事に打ち込むうちに自分に自信がつき、元恋人から「最近魅力的になったね。やっぱり君がいないと…」と告白されたという人が結構います。
また、新しい恋のチャンスも広がります。

復縁も新しい恋も、自棄になったあなたではなく自信を持って毎日を楽しく過ごしているあなたに訪れます。
それは、そのときのあなたに魅力的なオーラが備わっているから。
自棄になって得をすることは何も無いのです。

復縁関連記事