心理学を利用して復縁しよう!彼を振り向かせるテクニック!

MENU

彼の心を惑わし復縁へ導くための小悪魔復縁テクニック♪

人の心理は複雑なもので、自分がどんなに「もう恋愛なんていいや」と思っていたとしても、じばらく時間が経てばやっぱり誰かを好きにになってしまいます。

 

復縁もそれと同じで、大好きな人との別れを経験し、もう元彼と過ごす事ができないと思っていても、時間が経った後では「どうしても復縁したい」と気持ちが復縁側に傾いてしまいうこともあります。

 

そのような時、どのように復縁に向けて動き出す場合オススメしたいのが、心理学を応用した復縁テクニックです。どれも日常的に使えるテクニックですので、復縁に向けて動き出したい場合の参考にしてみて下さいね♪

 

心理学を応用して復縁しよう!

相手に対し矛盾した行動を取るダブル・バインド

ダブル・バインドとは、相反する言で相手を惑わす手法の事です。

例えば彼女から「私の事好き?」と聞かれた彼氏が「ずっと大好きだから、一生一緒にいたい」そう彼が彼女に言った時「ずっと続く恋愛感情なんてないのよ好きで恋愛が続くのは3年が限度なんだから」と、ピシャリとはねつけられてしまう、矛盾したメッセージで相手の判断を鈍らせるような状態を作ることで、相手は正しい判断能力を封印されてしまい、心を揺さぶられることでドキドキした感情を抱きます。

略すると相手の事を好き好きとちやほやした挙句、後半では相手に興味のない素振りで冷たくして、相手の気持ちを揺さぶっておくと、矛盾した態度を取られることで、相手の気持ちをとらえることができます。

ドア・インザ・フェイスは駆け引きに使える

ドア・インザ・フェイスは自分の要求を叶えさせるために使うテクニックで、交渉の現場で実際によく使われている心理学テクニックです。

例えば、「100万円貸してほしい」とお願いしても断られますが、「じゃあ10万円でいいから貸してほしい」と言われると、100万は無理だけど10万ならいいかな?と心理的な壁を壊すことで、自分の要求を通しやすくする方法です。

使うコツは、相手が絶対に断ってくるであろう事をお願いしておき、次はハードルの低いお願いを持ってくる点です。
何でも断らない優しい性格の相手には不向きですので、その辺りは気をつける必要があります。

相手との距離感が分かるパーソナルスペース

人は自分が安心できる距離感というのがありますので、そう親しくない人が自分に対し、急に身体を近づけてこられると、精神的にも身体的にも不快感を感じることがあります。

他人に接近させることで不快に感じるスペースのことをパーソナルスペースと言いますが、この距離感をチェックすることで、自分がいかに元彼から受け入れられているかを測ることができます

以前お付き合いしていた頃は、当然のことながらぴったりとくっついても嫌ではなかったかと思いますが、別れた後、それなりに関係が修復できたと感じた時に、そっと彼の前の飲み物を取ってみたりと、彼に急に近づいた場合でも無意識に避けられたりしない場合には、そこまであなたに対し抵抗がないという証です。
あまりにもギクシャクした避け方をされるようなら、もう少し彼との関係を修復する必要があります。

接触回数が多い方がいい♪ザイオンス効果

実はこのザイオンス効果が復縁には一番効果的なのですが、例えばデートをするにしても1日一緒にいるよりも、会う回数が多い方が相手に対する愛情を感じやすくなります

以前お付き合いをしていた関係なら、相手のことはある程度分かっていると思いますので、長い時間一緒にいて飽きさせるよりも、むしろ短時間だけど会う回数を多めにした方が、彼の心にも残りやすくなります
元彼との復縁には、相手が自分の事をどう思っているかや、どんな風に相手の心を掴むかも重要になってきますので、ある程度元彼との壁が無くなってきたなと感じたら、上記の心理学を利用して相手の心を惑わせ、復縁へと導いていきましょう。

復縁関連記事