復縁まで注意しろ!もう一度彼と良い関係を取り戻す方法

MENU

復縁のために大事なこと

相手の態度が軟化して復縁に期待が持てそうと感じると、大抵の人は勇み足になります。

 

「今なら大丈夫かも!」「チャンスを逃したくない!」
今までずっと我慢して頑張ってきたらこその気持ちです。

でも、少し待ってください。

今この時期は、まさに復縁に向けた正念場です
実際に、ここまで来たのにその後の行動を復縁に結び付けられなかった、という人は多いのです。

 

この段階では、復縁への流れはちょうど半分といったところ。
まだ急な行動に出る時機ではありません

正念場を乗り切る3つの約束

復縁に向けて気をつけることはどんなことでしょう?
特に気をつけることはこの3つです。

 

1、復縁したいという強い気持ちを持ち続けること

相手の態度が軟化して、友達もしくは友達に近い関係になれたとして、それに安心してしまってはそれ以上の進展はありません。
復縁に向けては、小出しにしながら自分の気持ちを出し続ける、相手にもう一度好きになってもらうために自分を磨いたり、時に相手を焦らしたりと、常に恋愛をしている意識を持ち続けることが大切です
一緒にいる時間を多く持つだけでは、相手の気持ちは取り戻せません。

 

2、相手の都合に合わせすぎないこと

復縁をしてほしいと思う人が陥りやすいのが、自分のほうが相手よりも立場が弱いと言う思い込みです。
確かに、復縁するかどうかを決めるのは相手です。

でも、だからといって相手に擦り寄る行動ばかりしていては、「何でも言うことを聞く」「呼び出せば出てくる」と都合のいい相手扱いされてしまいます。

好きな人からの連絡や声かけは嬉しいものですが、だからと言って何でも聞けばよいというわけではありません
復縁のためには、嫌なものは嫌だと言うことも必要です

 

3、復縁前に肉体関係を持たないこと

元恋人ということもあり、ハードルが非常に低い傾向があります。
「関係を続けていれば、自然と元に戻れるのじゃないか」という淡い期待を持つ人が多いのでしょう。
でも、身体の関係を持つのは、二人の間に以前のような空気が漂うようになってからにしてください
まだ見えない未来に期待して、惰性で……というように関係を続けていては、ただの都合のいい相手になってしまいます。
実際、セックスフレンド扱いから抜け出せないと悩んでいる人は結構多いのです。

 

行動に出る前に本当にいいのか確認しましょう。
自分の現状は相手にとってどう思われているかを考えて、行動していかなければなりません。
復縁のための正念場をしっかりと切り抜けるには、この恋が片思い中の恋愛だという意識をしっかりと持ちましょう。

復縁関連記事