彼と復縁したいならやってはいけない、連絡時の注意点

MENU

復縁を遠ざけてしまうかも……

もしかしたらあなたのその行動が彼との復縁を遠ざけてしまっているかも……
自分の彼を思う行動が、そんなことに繋がってしまうのは避けなければなりません。

 

ならば、気をつけなければならないことはどんなことでしょうか?
ここでは特に注意すべき行動をご紹介します。

 

頻繁な電話やメールは迷惑!

復縁を焦る人が陥りやすいのが、頻繁な電話やメールで気持ちを伝えようとすることです。
別れた直後は気持ちも混乱していますし、こまめに連絡を取ることで相手の気持ちが変わらないか、状況が好転しないかと思いがちですが、この行動でかえって復縁の可能性が閉ざされてしまったという声はよく聞きます。

 

あなた側の事情がどうであれ、初期の段階で何度も連絡を取ろうとするのは、相手にとっては迷惑なもの
その時点ではあなたに対して冷たくなりきれない気持ちを持っていたとしても、しつこい態度に辟易して完全に気持ちが冷めてしまうことも。

 

必死に気持ちを伝えようとするのは、時と場合によっては逆効果になるのだということを覚えておいてください。

 

様子を伺うことはタイミングを間違えちゃダメ!

月に数度送る様子伺いの電話やメール。
復縁を狙う際によく使う手ですが、それはあくまでも前向きに努力している姿を見せられることが前提です。

 

いかにも未練があって、でも別れたときのあなたと何の変化も無い。
そんな状態で様子伺いをしても、相手の心は遠ざかるばかり。
「やっぱり変わらない」と悪印象を植えつけてしまいます。

 

相手の周囲に探りを入れるときは、ばれないように!?

別れた後の相手の行動が気になるのは、誰もが同じです。
でも恋人同士だった頃とは違い、今の二人は他人
相手の周囲に探りを入れる行動は、ストーカーと思われることにもなりかねません。
どうしても相手の情報を得たい場合は、偶然を装って近づくなど戦略を練りましょう

 

大切なのは相手のことを考えること

これらの3つは、特に相手の気持ちを遠ざけやすい行動としてピックアップしました。
どれも先輩たちが失敗した経験談からの抜粋です。
全て相手のことを思うが故にやってしまうことだと思います。

 

どれもタイミングが合えば効果的な手法ですが、時期をちゃんと見ないと逆に悪印象を与えてしまいます。
特に別れた直後からこの行動を繰り返すと、相手は嫌気をさし、場合によっては着信拒否などの手段を取られることも。
そうなってからでは、復縁を求めるにも多大な時間と労力がかかります。

 

復縁への道のりを効率よく進めるには、ある程度冷静な視野が必要です。
今このときこの行動をしたら、相手はどう思うのか。状況は悪くならないのか。
それを考えられるような気持ちの余裕を持ちましょう。
不安な気持ちに任せた行動は慎むことが得策です。

復縁関連記事