復縁の不安を無くそう!焦りや後悔と向き合う方法

MENU

復縁は誰でも不安になる

相手に気持ちがあるまま別れることは、たとえそのとき納得したとしても、やはり辛いことです。

相手のことを考えて無理やり気持ちを押し込めて、納得できないけれども物分りのいいふりをして……。
そんな風に振舞っていては、やはり心に歪みが生まれてしまいます。

 

その歪みが、焦りや不安、無茶な行動の源となるのです

 

頻繁な電話やメールも、しつこい行動も、頭では駄目だと分かっているのですよね。
でも、不安だからついしてしまう。
行動してから後悔して、相手が今どう思っているのかが気になって……。
今のままでは負の連鎖に陥ってしまいます。
どこかでこの流れを断ち切る覚悟を持ちましょう

負の連鎖を断ち切るために

負の連鎖を断ち切りたい、と思っているそこのあなた!よい方法を教えますよ!
それは「自分の気持ちと向き合って、うまく付き合う」ということ。
どうして不安になるのか、相手の気持ちを取り戻すにはどうしたらいいのか、この恋が終わりに向かった原因は何か、復縁のために自分が頑張れることは何かなど。
今の自分の状況をきっちりと把握しましょう

不安な気持ちも、悲しい気持ちも、それ単体では悪いことではないのです。
それらは、溜め込まずにしっかりと出し切ったほうがよい「心の叫び」です。
心の奥から湧き出る気持ちを受け止め、「私はこれだけ辛い思いをしている」ということをしっかりと認めましょう。
そして無理に押さえ込まずに、向き合って認め受け止め、その上で「こういう点を改善していこう」「頑張っていこう」と次につなげていきましょう
そうすることで、自分では止められなかった過剰な連絡も収まりますし、相手の気持ちを考えるだけの余裕も生まれます。

たとえマイナスなものであったとしても、自分の気持ちと向き合い上手に付き合う
復縁を望むなら、これを忘れないでいてください。

自分の気持ちを受け止めることができれば、事態を悪化させるような問題行動は随分減ります。
「この行動を取ると相手に嫌われる」と冷静に判断できるようになるからです。
そして、ここまでくれば大丈夫。
大きく道を踏み外すことはないでしょう

誰かを頼るも良し!

復縁に向けて自分の気持ちと向き合う上で、時には第三者の意見を聞くということも大切です

幾ら冷静な視野を取り戻したとしても、一人で考えることには限界があります。
相手の気持ちについても、二人を取り巻く状況についても、完全に客観的な目線で見ることはできないでしょう
また、思いつく行動、パターンにも偏りが出ます。

そういう時は、周囲の信頼できる誰かに頼ってみてください。
当事者でない第三者の目線や意見からは、時に現状を打開する大きなヒントが見つかることがあります。
もちろん、耳障りのいいことだけでなく批判を受けることもあるでしょう。
でも、それも復縁を手にするためには必要なこと。
批判をされた場合は、甘んじて受けましょう

素直な気持ちで相手の意見を受け入れれば、きっと復縁に近づくはずです。
それでも不安な方はパワーストーンの効果を頼ってみてもいいんじゃないでしょうか?
オススメのパワーストーンをご紹介します!


復縁をするという行為には不安が付き物です。 しかし、どんなにマイナスな気持ちであっても、それを認め、向き合ってみましょう。 自分の現状を把握できるチャンスなのですから、それは復縁への近道となるはずです。 ときには自分で、ときには周囲から自分のことを理解していけば、自然と自分のやるべきこともはっきりとしてきますよ。

復縁関連記事